新型VENGE情報解禁、販売開始です!

THE NEW SHAPE OF SPEED

スペシャライズドは速さにかけて妥協しません。自社風洞施設Win Tunnelを建設し、「エアロこそすべて」というモットーを掲げているのは、ライダーがより速く走ることを可能にするため。そしてこのスピードへの探求心が新しいVengeを生みだしました。Venge ViASより8秒速い(ヨー角0度で40㎞走行時)新しいVengeは、ロードバイクで最もエアロ特性が優れているだけでなく、460gも軽量化されています。(56サイズ、サテンブラック/シルバーホロカラーでの比較)

Rider-First Engineered™アプローチで作られたFACT 11rカーボン製フレームの新しいVengeは、スペシャライズド史上最もエアロ特性の優れたロードバイクであるだけでなく、軽量で最適な剛性を持っています。すべてのチューブ形状から空力性能を左右する各チューブの後端部など、設計上の細かい配慮までが、Win Tunnelでの長時間のテスト、CFD(数値流体力学)、3Dプリンター製のプロトタイプ、実際のライダーからのフィードバックに基づいています。それらが最終的に結実して、スペシャライズド史上最速のロードバイクが完成しました。

color:SATIN BLACK/SILVER HOLO/CLEAN size:56cm

  • パッケージで500g近い軽量化と、さらなる空力特性向上。
  • 究極のエアロ化のため、シマノDi2を含む電動コンポーネント専用フレーム。
  • ケーブル類はステム内装ではなく下側を添わすように配置する事で、分解せずともステム交換・高さ調整などある程度できる。空力を犠牲にせず整備性を向上。
  • コックピット周りは専用品以外のものも使用可能。

短い時間でしたが試乗してきました

試乗コースは短くアップダウンの繰り返すコース。TARMAC DISCに乗って自走で来ていたので、乗り比べのしてみました。

一言でいうと、めちゃくちゃ素直。
乗り手の意思を素早く走りに反映してくれる。その部分がよりオールラウンドロードのそれに近づいた気がします。

エアロロードらしく下りはなんの抵抗もなく加速。風が非常に強い日で横風が突然吹く瞬間もありましたが、その度に不思議な加速感、横風を推進力にしているのが体感できました。スピードが出てからの登り返し、ダンシングでパワーを掛けてもコックピット回りの剛性アップと軽量化が利いていて、TARMACよりも軽く登ってるんじゃないかと。さすがにその先に待ち受けていた少し長めの登りではTARMACの方が楽でスピードも出てましたが、CLX64を履いたVENGEでも重いと感じるほどではなかったです。

激坂以外なら、VENGEの方がオールラウンドに気持ちよく乗れそうというのが個人的な感想です。

LINEUP

R9170デュラエースDi2およびROVAL CLX64ホイール、S-WORKS POWERクランクで武装した完成車(カラー1色)と、専用ステムがセットになったフレームセット(カラー2色展開)の2通りのラインナップです。

color:SATIN BATTLESHIP/COOL GREY/GLOSS TEAM YELLOW/EDGE FADE/CLEAN

S-WORKS VENGE DISC Di2(デュラエースDi2完成車) 1,296,000円(税
込)
S-WORKS VENGE DISC frameser 540,000円(税込)

お気軽にお問い合わせください。
info@biciclettashido.com