今シーズンのてんちょーバイク CX編

今年もSPECIALIZED CRUXに乗ってCXレースを走ります!
当店としてはMERIDA MISSION CXも導入コストが低くよく走るバイクなのでおススメではあるのですが、やはり自分が乗ってるバイクが一番オススメであります。

機敏な加速力とハンドリング、十分すぎるタイヤクリアランス。そして際立つ軽量性。シンプルにCXレースに特化したバイクがSPECIALIZED CRUXです。私がレースで乗るCXバイクを紹介します。

メインバイク:S-WORKS CRUX

コンポーネント:SRAM RIVAL1 & FORCE1mix
クランクセット:S-WORKSカーボンクランク(170mm) + PRAXIS WAVE TECH(40T)
ステム:S-WORKS SLステム(100mm、12°)
ハンドル:Fizik CYRANO R1 Chameleon(400mm)
サドル:POWER ARC EXPERT(143mm)
ペダル:シマノ XTR PD-M9000
ホイール:ROVAL CLX32DISCチューブラー
タイヤ:S-WORKS TRACERチューブラー(700×33C)

車重:7.23kg

サブバイク:CRUX ELITE

S-WORKSと同じFact11rフレームを採用するCRUX ELITE完成車がベースになっています。S-WORKSフレームセットと同じ価格で完成車が買えてしまうお得なパッケージです。完成車そのままでレースを会場に持っていけるほど良いアセンブルがされていますが、パーツをいろいろと変えて、さらに良いバイクに仕上げています。

コンポーネント:SRAM RIVAL1 & FORCE1mix
クランクセット:S-WORKSカーボンクランク(170mm) + PRAXIS WAVE TECH(40T)
ステム:S-WORKS SLステム(100mm、12°)
ハンドル:Fizik CYRANO R1 Chameleon(400mm)
サドル:POWER ARC EXPERT(143mm)
ペダル:シマノ XTR PD-M9000
ホイール:ZIPP 30COURSE TLR
タイヤ:IRC SERAC CX EDGEチューブレス(700×32C)

車重:7.58kg
完成車そのままでも、1世代前のS-WORKSと同等の約8kg。軽さが全てではないですが、レース後半に効いてくる差になるので軽くて悪いことはないですね。

 

この他にオプションとしてCLX32DISCチューブラー×S-WORKS TERRA(マッド用)、ZIPP 30COURSEチューブラー×challenge Dune(ドライ用)のホイールを用意して今シーズンのCXレースに挑みます。タイヤの組み合わせは期中に変えるかも知れませんね。

一応メイン/サブと言い分けてますが、殆ど同じパーツで組んでますので特にどちらを優先的に使うとかはない感じです。その時どちらにどのタイヤ・ホイールがセットされているか、バイクのコンディションに応じて選んでいます。

 

Bicicletta SHIDO ビチクレッタ シド
東京都 狛江市 東和泉 2-1-16 荒井ビル1階
☎03-5761-8205
info@biciclettashido.com
定休日:毎週水曜、第1,3,5火曜
営業時間:平日12:00 〜 20:00、土日祝日13:00 〜 20:00